「LINE」のセミナーの一番の学び

IMG 6218

LINE株式会社の人のセミナーを聞いてきた。

 

目的は、LINE@を学ぶため。

 

Facebook、twitter、Instagram等の中で一番ユーザーが多いLINEには大いなるチャンスがあると思っている。

 

その割には、何も知らない。

 

セミナーで学んだこと

LINEが作られた経緯

東日本大震災があって、

災害時でも簡単に連絡がとりあい、安否を確認できるアプリを開発する為にうまれたのがLINE。

安否確認が目的だから、『既読』システムが採用された。

 

LINEの利用状況

国内登録者数 6800万人(日本の人口の53.6%)

アクティブ率 70.8%

LINEユーザーは、年齢による利用率の偏りが少ない。男女とも全年代で9割以上が毎月LINEを利用

 スクリーンショット 2017 02 15 19 25 09

LINEセミナーの一番の学び

今回のセミナーでは、LINEにまつわる様々なデータや取り組みを教えていただき、勉強になりました。

 

その中で、一番学びになったことが、

 

 

 

 

それは、

 

LINEの発音だ。

 

ぼくは、ラインだとおもっていた。

 

 

でも、何度LINEの社員さんの発音を聞いても、

シャレオツに、

インと発音する。

 

 

まるで、

聞け!田舎ども!

インだ

 

 

と、言わんばかりにインを連発。

 

ぼくはすぐググった。

 

やはり、勝者は、LINEの会社の人だった(当たり前)

 

ラインと平準化して読むのではなく、頭にアクセントがあるようだ。

 

大阪出身のぼくは、名古屋に出てきたときにしばらくは「マクド」と言い続けたが、世間には勝てず、名古屋の波にのまれ、今では「マック」と呼ぶようになった敗北感を今回も味わった。

 

 

1日経って

 

会う人、会う人に、

インって言うだよ。知ってる?」

と、勝ち誇ったぼくがいる。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です