【本を読まない人にオススメする本ベスト4】(読書3000冊の本から厳選シリーズ)

 

小学校の国語が本嫌い(苦手)をつくる。

小学校のときに読まされた国語の教科書や、図書室で借りさせられた本って、どれもつまらなかった。

読まないといけないって強制で、読んだ。

 

しかも、

国語の本の読み方は決まっていた。

 

本来、そこに答えがあるはずがない自由な読書に、大人の都合でつくられた「答え」を導かないと、『まちがい』ってダメ人間の烙印をおされてしまう。

 

 

読書は、読み手が自由に想像し、主体的に『読書』をするものなのに、

決まった枠の中でレールに沿った、強制的な『読書』をさせられる。

 

 

 

そのおかげで、

23歳まで、ぼくの読書は、『つまらないもの』になった。

 

【読書】『どんな本と出逢うのか』で決まる。

人が読書を好きになるかどうかは、『どんな本と出逢うのか』で決まる。 

たった1冊のその人にとって、素晴らしい本との出逢いによって、読書の素晴らしさを経験できる。

 

いくら言葉で『読書は良いものだよ』って伝えたところで、そのことはみんな知識としては知っている。

読書嫌いの人は、『経験』がないだけだ。

 

【本を読まない(苦手な)人にオススメする本ベスト4】

3000冊以上読んできて、

ぼくは読書で人生が変わった。

 

その読書をぼくは広めたい。

 

たくさんの人に本を紹介したり、プレゼントしてきて、読書をすすめてきた。

いろんな本をすすめてきた中で、特に読書が苦手な人や、読書初心者にオススメして、めっちゃ反応がよかった本を4冊を紹介したい。

もし、本を好きになるキッカケになってくれれば、ぼくはしあわせだ。

 

 

もちろん、本好きな人にもオススメで、ぼくも何回も読んでいる大切にしている本だ。

 

『鏡の法則』野口嘉則

 

この本は、めっちゃ薄くて読みやすいので、本を読むことが苦手な人に特にオススメしている本。

 

これほど、短くて読みやすくて、こころが動かされた本はない。

 

ぼくは今まで「鏡の法則」の本を20冊以上人にプレゼントしている。

正確にいうと、送りつけている。

 

「いいから、とりあえず読め!」って。

「できれば、お母さんやお父さんにも読んでもらって」って家族まで巻き込ませる。

 

家族みんなで読めば、みんながやさしくなって、みんながハッピーになれると思うから。

 

 

ぼくもこの本を定期的に読み返す。

ついまわりの人や環境のせいにして、不平・不満を持ったりしてしまうことがある。

でも、それって結局『鏡の法則』で、自分のこころを映しだしたものが、目の前にひろがっているということ。

 

自分がつくりだした目の前の現状なんだ」っていうことを考える時間をつくってくれる本。

 

未熟なぼくは、定期的にこの本を読んだり、背表紙をみて、『鏡の法則』を意識する。

感謝、謙虚さを思い出させてくれる本。

ぼく
『鏡の法則』は、文章の①読みやすさ、②本が薄いがオススメ、③安さの3つが特徴。今はこの本は新しくリニューアルされ販売されていますね

 

追記:2017/10/15

『鏡の法則』は、2017年1月に『完全版 鏡の法則』となって大幅に加筆修正され再販されました。

完全版は、前半に物語があって、後半が解説となっている。

この本の良いところは、①めちゃ薄いから、手に取りやすい。②安い。③わかりやすい。

 

この3点だったのに、

『完全版』は、解説が入ることによって、①分厚くなって、本を読まない人にとっては抵抗感が出てしまう。②普通のビジネス書の値段。③解説があることによって、小難しく感じてしまう。

ぼくは、物語だけで、短くて解説もなくて、読者に想像させ考えさせる方がよかったと思う。読んだあとの余韻にひたれることができるのがよかった。

 

今は中古しかないけど、読書初心者には、今は中古しかないけど『旧版』をオススメする。

しかし、『鏡の法則』好きは、ぜひ『完全版』も読んでみてほしい。解説を読むことによって、また新しい『鏡の法則』を楽しめる。

 

 『手紙屋』喜多川泰

 

就職活動している学生は必読!!

仕事にモヤモヤしている人や転職を考えている人にも読んでもらいたい!!

自分と向き合えることができる本だ。

 

ぼくは飲食店で働いているので、若いスタッフには全員読んでもらいたいって思っている。

 

喜多川さんの本は、どれも感動する本ばかり。

ビジネス書ではなく、物語となっているので話に入っていきやすい。この本を読んだ人は、必ず喜多川さんの他の作品が読みたくなる。(実証済み)

それぐらい喜多川さんの本は人を惹きつける。

 

追記:2018/3/21

喜多川さんの新刊「ソバニイルヨ」

この本がヤバイ!!

「手紙屋」と「ソバニイルヨ」どちらがいいのか悩む。それぐらいの感動作!!

 

 

『私が一番受けたいココロの授業』比田井和孝 

ぼくたちの仲間のコンセプトや大切なルールを決める上で、みんなで参考にしたのがこの本だ。
 
 
長野県の専門学校(上田情報ビジネス専門学校)副校長先生が書かれた本。
この本は、実際の行われている授業を本にした感じ。
 
その授業とは、「人として大切なこと」というのがテーマだ。
 
さすが専門学校の先生。
読みやすくて、話に引き込まれまれる。
 
 
なんといっても、「おもいがやさしくて情熱的
 
 
 
あいさつ・そうじ・目的の大切さ・人生の役割・「ありがとう」等、『しあわせ』になることについて、比田井先生が授業してくれる。
読んでいて、何度も感動した。
 
 
 
 ※この本には、上記の『鏡の法則』も登場します。

 

 

『魔法のコンパス』キングコング西野亮廣 

この本はいろんな人にオススメしやすい。

  • 若い人→お笑いのキングコングにしのが書いた本。
  • ビジネスマン→マーケティグやビジネスの勉強。
  • 若い人以上の方→今の時代の流れがわかる。
  • すべての人→読むとワクワクでき、一歩踏み出す勇気がもらえる。

本が分厚いので抵抗を覚える人もいるかもしれないけど、本を開くと文字も大きく余白もあり、読みやすく親しみやすい言葉が使われいる。

読書経験が少ない人や、本を読まない人でも安心して読んでほしい。

 

 

キングコング西野さんのすごいところは、誰にでもわかりやすい言葉を選択されているところだ。

この本は、読む人によって、どんな読み方や捉え方もできる本。

 

ただ小説として、読んでもおもしろく感動もする。

ビジネス書として、マーケティングについての勉強にもなる。

自己啓発書として、読んでいて「しあわせ」「夢」について考えることができワクワクしてしまう。

 

この1年で読んだ本で、ベスト10に入るくらいすばらしい本だ

 

追記:2017/10/15

キングコング西野さんは、新刊『革命のファンファーレ』が発売されました。

この本はスゴく売れていて人気があり、読みやすくておもしろい。

しかし、読者初心者には、『魔法のコンパス』の方が読みやすくて、わかりやすいです。

まずは『魔法のコンパス』から読むことを強くオススメする。

 

『魔法のコンパス』を読んでから、『革命のファンファーレ』を読むとより理解がしやすい。

 

最後に

まだまだ紹介したい本はたくさんあるので、随時更新していき、自分のメモとしても残していきたい。

あわせて読みたい

【読書苦手・初心者向け】ビジネス書おすすめ本4選〜本当に簡単で読みやすい本を厳選

初心者【ブログに役に立つおすすめ本10選(+2選)】(読書3000冊の本から厳選シリーズ)

 

追伸

ぼく
全く本を読まなかった僕が、3000冊の本を読めるようになった読書法は↓の記事を読んでみてください!

速読の方法①〜⑦【誰でもカンタンにできる読書術のコツ】〜本嫌いを本好きにさせてしまう本の読み方

 

Summary 
Review Date
Reviewed Item
本を読まない人に【オススメする本 ベスト4】
Author Rating
51star1star1star1star1star

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です