「投資バカの思考法」藤野英人→『人』を勉強できるオススメ本!!

スポンサーリンク

「ビットコインなどの仮想通貨、ICOへの投資」この言葉がネット上では飛びかっている。

しかし、ぼくたちは「お金」を投資するだけではなく、人脈や時間などあらゆるものを投資しながら生きている。

 

この「投資」の話は、すべての人に関係する話だ。

 

 

本日の本は、「投資」を通して、「人に対する理解」を教えてくれる。

素晴らしい本に出会えた。

本日の読書「投資バカの思考法」

「投資バカの思考法」藤野英人(著)

 

本を選んだ理由

「投資」の題名なのに、《投資に興味がない人でも、誰しもが読むに値する本》って紹介されていたので気になった。

著者:ひふみ投信 藤野英人とは?

スクリーンショット 2017 08 24 19 21 43

藤野さんは、2003年にレオス・キャピタルワークスを創業したファンドマネージャー。「ひふみ投信」の運用責任者。

 『ファンドマネージャー』とは、投資家から集めたお金を株などで運用をおこなう人のことを言う。

その他著書:「投資家が『お金』よりも大切にしていること」 

 

ものの見方を変えるには、「経験」を変えればいい。

ものの見方を変えるには、変に見方を変えようとするのではなく「経験」のほうを変えてしまえばいい。経験のほとんどは、「食べたもの」と「会った人」と「読んだ本」によって形成されている。

 トライアスロンは、私の価値観を大きく突き崩しました。それまでの私は、「数字、数値、成績」という、たったひとつの視点しか持っていませんでした。ですが、トライアスロンを経験したおかげで、新しい視点が増えました

 

たとえ記録がビリでも、大きな感動を手にできる」ことがわかったのです。 これまでの人生の中で自分がしてきた経験を、捨て去ることがはできません。ですが、「別の経験」をインプットすることはできます。新しい経験を自分の中に取り入れることができれば、新しい視点で物事をとらえられるようになるでしょう。

 「視点をかえてみる」というのは、頭では理解できても自分の思考を変えることは難しい。

しかし、それを見事に言語化されている。

 

「思考」を変えるには、「経験」を変える。

 

ぼく自身も全くスポーツをしない人間だったが、36歳にして初めてフルマラソンに挑戦した

言葉にはできないあらゆることが変わった。

 

それは経験が変わったから

 

そのことがこの文章を読んでわかった。

 

人に「こころ」を教えるとき、言葉で「こころ」を伝えても、「経験」がないと理解ができないこともある。

その「経験」ができる環境をつくることが、人に「教える」うえで大切な要素のひとつ。

 

「決断しない人」は「決断をしない」という決断をしている。

「自分では物事を決められない人」や「人に頼ってしまう人」は、「自分には決断力がない」と考えていまうが、そうではありません。

「自分で物事を決められない人」は「自分で決めない」という決断をしています。

「人に頼ってしまう人」は、「人に頼る」という決断をしています。

「決断をしない」のも、その人の決断です。

 

「決断しない人」は、「決断をしない」という決断をしている。

そのことに気が付くことからすべてがはじまります。

ぼくは飲食業に長くいるので、アルバイトの学生と話をしていてよく感じることがある。

ぼく
なぜ、その学校を選んだの?
学生
親がそこにいけって言ったから

 

ぼく
なぜ、その就職先に面接にいこうと思ったの?
学生
学校の先生が、そこがいい会社って勧められたから

 

とか、多くの人が何が問題かというと、

何かその先でうまくいかなかった時に、言い訳として「親がいけって言ったから」「先生が勧めたから」って他責にしてしまいがち。

 

他責にする限り、その人に成長はない。

 

そこには、本当は「『親がいけって言ったところ』を行く自分が決断した」、「『先生が勧めたところ』に行く自分が決断した」。

そこに気がつかない人は、おなじことを人生で何度も繰り返している。

 

リスクを最小化させるのは、好奇心の多さ

投資における「リスク」とは、「変動すること(変動性)」「リスク=変動」

多くの人が、「変動の小さい人生」を探していて、起業や投資などの不確実性に賭けることは、「悪」と考えがち

今いるところに留まるのが安心で、安全だ」と思いこむ人たち。

行動しないと、何も変わらない。

 

「行動しない」人たちにとっては、「行動する」人を見つけると「行動する」ことによって、自分たちの状況が変化させられてしまうことがこわい。だから、「行動する」人たちを攻撃する。

 

リスクを最小化させるのは、好奇心の多さである。

好奇心の少ない人ほど、リスクを恐れます。

世の中に関心が希薄な人ほど、リスクをおそれます。

「リスクを少なくするには?」のぼくの回答の参考にできた。

 

好奇心さえあれば、いろんなことに学ぶことも、経験することも億劫にならないから。

いろんなことに興味をもてれば、いろんなことに挑戦できる。

ひとつのことが例えダメだったとしても、他のことができる。

これがリスク分散であり、リスクを最小化するという考え。

 

確かに、不平不満や批判・批評ばかりする人たちは、リスクをおそれている人が多い。

彼らの原因のキーワードが、『好奇心』だったんだ。

 

人の教育において、『好奇心』はキーワードだ。

 

 

 

違う選択が新しい自分をつくる。

違う選択をしなければ、「今日」がずっと続くだけ。

昨日までの選択の結果が、今日の自分をつくっています。だとするならば、今までと違う選択をしたり、選択の数を増やしたり、選択の質を変えないかぎり、自分を変えることはできません。

「自分を変えたい」って思っている人へのメッセージ。

 

「自分を変えたい」って心で思っても、「行動」を変えないと何も変わらない。

 

日々成長するために、日々新しい選択をすることを意識したい。

 

まとめ「投資バカの思考法」

本の目次「投資バカの思考法」

序章 そもそも、「投資」とは何なのか?

第1章 洞察力

第2章 決断力

第3章 リスクマネジメント

第4章 損切り

第5章 時間

第6章 増やす力

第7章 選択力

 

会社の価値は、会社を取り巻くすべての人たちの思惑と行動で成り立っています。ですから、安定した投資家として勝つためには、「人間に対する理解」が不可欠

 この本は、「投資の本」として勉強になるが、それ以上に「 人 」の勉強になる。

 

「お金」を投資するときには、様々なことを検討して「投資」をする。

しかし、「時間」の投資に関しては、意識せずに「投資」してしまっていることが多い。

 

時間=命

 

「時間」の投資を意識したい。

 

 

その為にも、「投資」について今日の本で、どのように考えるのか理解ができた。

「投資」とは、「人」を学ぶこと。

 

 

最後に、

この本は、メモを取った時にビックリするくらいの量になったくらい、たいせつなメッセージが含まれている。

書評をかくときも、どこにスポットをあててかくか悩んだくらい内容が濃い本だ。

 

ぜひ、たくさんの人に読んでもらいたい良書だ。

オススメ度★★★★★

 

ぼく
投資に興味がない人にむしろ読んでもらいたい

この本を読んで、ぼくは「投資」が好きになった。

Summary 
Review Date
Reviewed Item
「投資バカの思考法」 藤野英人
Author Rating
51star1star1star1star1star

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です