言葉を学ぶ→『あなたの話はなぜ「通じない」のか』山田ズーニー著

スポンサーリンク

本日の本は、最近はまっている山田ズーニーさんの本です。

ズーニーさんは、進研ゼミの小論文の先生でした。

S 27951109

言葉で伝える技術を磨きたいと思い、手に取りました。

この本もまた素晴らしい本です。

 

 

本の気になったところを抜粋↓

・根本思想と言葉が一致したとき、非常に強く人の心を打つ。

 

・ゴールを履き違えた技術は虚しい。

 

・内面で関われないとき、人は傷つく。

自分自身がわかってもらえないときも、自分が人の内面もわかろうとしないときも、心は同じように、すさみ傷ついている。

 

・「メディア力を高める」とは、自分の聞いてもらいたいことを聞いてもらえるようになること。

 

・正論を言うとき、自分の目線は、必ず相手より高くなっている。

 

・言葉は関係性の中で相手の感情に届く。

 

図書館戦争の名言
『正論で人を傷つける』

 

という言葉を知ってから、
よくそのことについて考えることがあったので、モヤモヤしたいた部分がわかってスッキリしました。

 

 

確かに正論を言うとき、
自分が正しくて、相手がまちがっているという視点にたってしまうと、

自分が上、相手が下ってみてしまい、その想いが言葉や態度にでてしまい、相手に届いてしまう。

 

 

 

言葉を知ることは、自分の感情を知ることであり、自分を知ることである。

言葉を知ることは、相手の感情を知ることでもあり、相手を知ることでもある。

 

自分と相手を知ることで、相手との違いを知り、そこをつなぐのがコミュニケーションだと思います。

 

 

自分を知るためにも言葉を学びたい。

自分の想いを伝えるためにも言葉を学びたい。

 

 

この本は、

言葉の力を知ることができ、

そして、

言葉は誰しもがつかうことができると勇気を与えてくれる本でした。

 

 

あとがき(エピローグ)に書かれた文章がぼくは好きです。
ぼくは読んでこころが熱くなりました。

そんな素敵な文章を
感動をぼくもかきたいです。

『あなたの話はなぜ「通じない」のか』山田ズーニー著

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です