「好きなことだけやって生きていく」という提案 角田陽一郎→【必読】キングコング西野オススメ本

スポンサーリンク

 本のページの角をめちゃくちゃ折ってしまった本だ。

ぼくは気になった箇所のページの本の角を折るという読み方をしている。

その結果、こうなってしまった。

 IMG 5FEFEA686258 1

ほとんどのページを折ってしまった。それぐらい内容の濃い本だ。

本日の読書「好きなことだけやって生きていく」という提案

「好きなことだけやって生きていく」という提案 角田陽一郎著

この本を選んだ理由

著者の角田陽一郎さんは、TBSのバラエティ番組の企画をされていて、「さんまのスーパーからくりTV」など数多くの番組を担当されていた。

現在はTBSを退社され、バラエティプロデュサーとして活動されている。

 

スクリーンショット 2017 07 23 20 52 32

角田さんの「成功の神はネガティブな狩人に降臨する〜バラエティ的企画術〜」を読んで、すごく良かった為、今回の本にも期待!

ぼくが気になったところ(抜粋)

  • 人は、知らないものを「好き」にはなれない。気になることを「検索」するだけで、「好きなこと」は自然に増えていく
  • 何でもすぐに検索することで、「いろいろなことに興味を持つ」「知らないことは調べる」という習慣を身につけることが大切。
  • 世の中のすべてのことは、必ず自分とつながっている。そこに気づけば、嫌いなことさえ「好きなこと」に変えられる
  • 仕事ができる人は、何でも「自分のこと」として考えられる人。仕事ができない人は、何でも「他人ごと」と考えてしまう人
  • 失敗しているときこそ、人はあなたに注目している。
  • 「好き」という独特の感情によって得た知識は、間違いなく唯一無二のものであり、それが積み重なって固有の才能になります。
  • すでにあるものと「好きなこと」を組み合わせる。新しいアイデアは、そこから無限に生まれる。
  • 「つまらない」と決めつけず、何でも体験し、自分自身で味わう。それがおもしろいアイデアの種になる。
  • 「流行りもの」を馬鹿にしてはいけない。「売れる理屈」は売れているものの中にこそある。
  • 新しいアイデアが生まれるのを邪魔するのが、自分が持っている固定観念。
  • 人に何かを伝える際、
    • 「相手に、あなたとの会話を『自分ごと』だと思わせる」
    • 相手気持ちよくさせられうかどうか。それが、伝え方がうまいかどうかの分かれ目になる。
    • 常に相手の気持ちになって考えている。
    • 普段の会話で、僕たちはつい、自分の伝えたいことばかり言ってしまいがち。
    • あなたの「想い」を、いかに世の中に広げるか。それこそが「好きなことだけやって生きていく」鍵になる。
    • 作者の考えが、どんなに独創的で素晴らしくても、パブリッシュ(出版)しない限り、パブリック(公衆)にはなりません。
    • パブリックな存在として価値を持つようになれば、それまで価値がなかったその人のプライベートにも価値が出る。
  • チームで行動するとき→「キャッチフレーズをつける」それがチームをまとめる旗印になる。

「好きなこと」をこれから作っていくという発想

本の前書きのところから、ぼくは釘付けになった。

「夢=好きなこと」という考えに縛られすぎている。

「好きなこと」をこれから作ればいい。

夢=好きなことって、ぼくも縛られていた。夢は遠ければ遠いほど、あきらめがちになってしまう。

「好きなこと」を仕事にしようとすら思えない人がほとんど。ますます「好きなこと」から遠い仕事を選択しがち。

 

角田さんは、「好きなこと」をこれから作っていくという発想。

 

好きなことが増えれば増えるほど、自分の仕事・生活のまわりは、「好きなこと」で埋め尽くされる。

 

好きなことを増やす方法もきっちり書いてくれてある。

 

この本は、イチイチ書いてくれているから親切で、より理解が深まる。

 

「嫌いなこと」を「好きなこと」に変える方法→「嫌いなこと」を「自分ごと化」する。

ぼくのお店が目指していることが、「たのしくはたらくこと」。

まさにヒントとなる言葉だ。

一人一人に関しても、あらゆることに興味がもて、自分ごと化ができれば、好きなことに変わり、楽しいに変わり、しあわせにつながる。

角田さんの「自分ごと化」の箇所だけでも、時間をかけてもっと深堀りして、自分のことばにしていきたい。

 

角田陽一郎流の伝え方

この章だけでも1冊の本になってほしいくらい内容が濃すぎる部分。

めちゃ勉強になった。

 

ぼくはまさに「自分の伝えたいことばかり」言ってしまっている人だ。

だから伝わらないのかぁ

 

これは、ぼくが文章を書くときでも同じ。

 

 

下記の文章を読んで、頭に宇宙から隕石が落ちてきたくらいの衝撃を受けた。

糸井重里さんの文章は、完全にパブリック(公衆)なものでした。

プライベートな自分の想いを綴っていながら、他人にも共感できるパブリックな文章に仕上がっているのです。

一方で、僕の文章は、あくまでもプライベートなものでした。

自分の想いを、自分にしかわからないように書いているのです。

それでは人に、僕の想いは伝わりません。

 

人に伝える文章と、個人の日記の違い。

 

ぼくはブログも10年以上やっている。でも、それは日記だった。

 

 

さらに下記の文章を読んで、先ほどの隕石落下で首がもげたところに、さら隕石が降ってきたような衝撃を受けた。

LINEやメールでは、自分の伝えたいことしか伝えることができません。一方、アナログのコミュニケーションだと、伝えたくないことも伝わります。

コミュニケーションの本質は「相手に伝えたくないことも伝わること」

言葉だけでは伝わらないことが、実際に会ってコミュニケーションをすると態度・表情・声のトーンで伝わってしまう。

コミュニケーションの本質が見事に言語化されていて、ぼくはしばらくページをめくることができなかった。

 

コミュニケーションをとるというのは、相手を実際に「体感」するということ。

それこそが、本来あるべき「信用の交換」なのかもしれません。 

今は、LINEやTwitterなどのSNSでしかコミュニケーションをとれない人が増えている。

でも、そこでは「相手を体感すること」ができない。

 

すなわち、「信用の交換」ができない。

 

 

相手を知ることができないということは、相手との違いを知ることができないということ。

 

相手を知るってことは、同時に「自分と違う」ってことを知ること。

自分と違うってことを感じることによって、「自分」を知ることにつながっていく。

相手とコミュニケーションができないと、自分がわからなくなっていくことにつながる。

 

今、うつ病や精神不安定な人が増えている原因は、デジタルなコミュニケーションに頼りすぎて、まさに「相手を体感すること」ができていないからなのかもしれない。

 

「好きなことだけやって生きていく」という提案→まとめ

この本は、何度も読んで、立ち止まってゆっくり自分と向き合いながら読みたくなる本だ。

こういう本と出会えるから、読書はやめられない。

読書の快感が、未来への活力となる。

 

 

キングコング西野さんの「魔法のコンパス」、前田裕二さんの「人生の勝算」、堀江貴文さんの「多動力」 。

どれも今の時代の変化を語ってくれ、未来の道しるべを示してくれている本だ。

 

角田陽一郎さんの本は、上記と同じように時代を語り、未来への道しるべを示してくれている。

上記の本との違いは、「ぼくでもできるんじゃないかな」ってより感じさせてくれる本だ。

 

 

この本は、ぼくたちのチームの課題図書にしてみんなで読もうと思う。

めっちゃオススメ!

オススメ度★★★★★

Summary 
Review Date
Reviewed Item
「好きなことだけやって生きていく」という提案 角田陽一郎
Author Rating
51star1star1star1star1star

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です