【書評】「僕と妻の1778話」→アメトーーク!「読者芸人2017」で感動作品としてオススメされていた本!

「僕と妻の1778話」

少し前になるのだが、アメトーーク!「読者芸人2017」で、カズレーサーさんが『15年ぶりに泣いたい本』として紹介された本が、「僕と妻の1778話」。

番組の中で、この本の最終回を読んだ光浦さんが、読んで即泣いたらしい。

 

今頃、たまたまこの記事を見つけて、気になったので早速読んでみた。 

 

本日の読書「僕と妻の1778話」眉村卓(著)

「僕と妻の1778話」の本の紹介

「僕と妻の1778話」眉村卓(著)

 

著書:眉村卓さん

1934年生。日本のSF作家。代表作は「司政官シリーズ」、1979年泉鏡花文学賞、1996年に星雲賞日本長編部門を受賞。

 

スポンサーリンク

「僕と妻の1778話」の本の内容

余命一年と宣告された妻の(2002年に逝去)ために、作家の夫が、毎日短編小説を書き、妻がなくなる「最終回」までの1778話。

妻の気持ちが少しでも明るくなればと、書き続けた。

 

この本には、1778話の中から52話が掲載されており、その話の終わりごとに、執筆時のエピドードが書かれている。 

そのエピソードに夫婦二人の生きた証が記されている。

 

本の感想

著者が奥さんとの間で、小説を書いて読むという行為が、恒例行事になり、そこに二人だけの世界ができていた。

二人の時間を想像することで、ぼくのこころがあたたかくなる。

 

その空気感が、各短編小説の解説部分にあらわれている。

 

 

ぼくは普段小説をあまり読まないので、1778話のなかの52話の短編小説が掲載されているが、ぼくは文学的な良さを分析するだけのモノは持ち合わせていない。

 

ぼくが、この本を読んで響いたのは、その短編小説のあとに書いてある解説部分だ。

 

どういう経緯でその小説をつくったのか、その小説を読んだ奥さんの感想やエピソード、そこにぼくはヒトを感じた。

 

 

ぼくは、人のいのちに関わる本を読むことが好きだ。

 

 

「死」を意識できるから。

 

 

 

普段のあわただしい生活の中で、ただ時間だけが過ぎてしまっている。

いまだに、ぼくはそんな命の使い方をしてしまっていることがある。

 

 

「いのち」に関する本を読んだ時、

当たり前が、当たり前でないことに気がつくことができる。

 

たとえ、その本を読んだ一瞬なのかもしれないけど、

「死」を意識することができ、今のこの瞬間も「あたりまえ」でないことを意識できる。

 

いま、命があり、いま、この本を読むができるくらいの、健康と時間と余裕があることに「ありがたく」感じることができる。

 

毎日やってくる「時間」をありがたく感じることができる。

 

「ありがたい」って感じることができる、それがしあわせだ。

 

 

ぼくは、「死」を意識することで、「しあわせ」を感じることができる。

 

誰かが残してくれたいのちの軌跡を、本を通して歩ませていただけることに、今「生きていること」を実感させてもらえることができる。

今のこの瞬間が尊いものであると感じることができる。

 

 

 

この本を読みながら、眉村さんのいのちとの付き合い方に並走しながら、ぼくもぼくのいのちを感じることができた。

 

 

ビジネス書やハウツー本を読むことが多いけど、読書の醍醐味は、まさにこういう本を読みながら「体験」できることだ。

 

 

 

この本びAmazonの評価をみればわかるけど、賛否両論別れている。

受け身で、この本を読むとあまり感じることがないのかもしれない。

 

しかし、この本をつかって、じぶんと向き合おうとした時に、この本は輝くのだ。

 

こういう読書が、ぼくは好きだ。

 

あわせて読みたい

【本を読まない人にオススメする本ベスト4】(読書3000冊の本から厳選シリーズ)

漫画「君たちはどう生きるか」→【感想】オススメ本!自分の意識できていなかった感情に出会える本だ。

読みやすいオススメの感動小説「ソバニイルヨ」「ソバニイルヨ」喜多川泰→【感想】めっちゃ感動!オススメ本!絶対読んでもらいたい

 

追記:映画化

草彅 剛主演で映画化されているので、当時でも話題になっていたんだ。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です