ランニング足袋比較【Toe-Bi】と【きねや無敵】→『陸王』で話題の杵屋足袋シューズを履いた感想

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』の話題の足袋シューズを製造・販売しているきねや足袋株式会社

10月に新作足袋シューズ「Toe-bi(トゥービー)」が販売された。

 

さっそく、履いて走ってみた。

 

▼きねや足袋は、『きねや無敵』というランニング足袋を販売している。

スクリーンショット 2017 11 26 3 27 35

ドラマ『陸王』で大人気となり欠品が続く【Toe-Bi(トゥービー)】【きねや無敵】

『陸王』で大人気となってしまい、製造が追いつかず欠品が続くラニンング足袋。

 

 きねや無敵の開発にたずさわられた高岡さんとご縁もあり、ぼくは幸運にも新作「Toe-Be」を手にすることができた。

きねや足袋【Toe-Bi(トゥービー)】とは?

スクリーンショット 2017 11 26 4 01 34
【Toe-Be(トゥービー)】のコンセプト

あらゆるシーンであらゆる地面を感じてもらいたい。

Toe-Bi(トゥービー)は伝統的な製法で仕上げた足袋そのものに、柔らかくグリップ力の高い薄さ5mmの天然ゴムソールを手縫いで縫いつけた新しいタイプの履物

 

ソールにクッション等の保護材は一切使用せず、限りなく素足感覚に近づけた。

自然とつま先から着地するような感じになる為、人間本来の走り方を取り戻すツールの1つになる。

きねや足袋シューズ【Toe-Bi(トゥービー)】が届いた

まずは、どんな状態で届くかというと、

箱から普通の靴ではない。

IMG 0082 IMG 0084

▼裏側「KINEYA TABI」の文字が入っている。

IMG 0085

 

▼素材もしっかりしていたデザインもスマートでカッコいい!

IMG 0104

▼アウトソールは厚さは、3mm!!

IMG 0094

▼付属のToe-Biの説明書

IMG 0105

▼Toe-Biの履き方や、走り方のコツが書いてある。つま先からしっかり入れて履くのがポイント!

IMG 0106

 

 

▼実際に履いてみた

IMG 1727 IMG 1715

【きねや無敵(MUTEKI)】と【Toe-Bi(トゥービー)】の比較➡︎6つの違い

▼左が新作足袋シューズToe-Bi(トゥービ)、右がきねや無敵(MUTEKI)

IMG 1674

▼Toe-biときねや無敵には、大きく6つのポイントで大きく違う。

IMG 9925776083CF 1 IMG DE818AC5BF97 1

 

①先端部分

きねや無敵→ナイロン素材

Toe-Bi→コーデュラ1000

きねや無敵は、先端部分を擦ってしまうとすぐに傷つくのに対して、Toe-Bi強度な素材を使用。簡単には傷つきににくくなっている。

IMG 1748

②メッシュ部分

きねや無敵→ナイロン素材

Toe-Bi→東レの特殊技術も組み込まれたブライトブリスター

きねや無敵ナイロンの為、「蒸れ」を心配する声があがっていたのに対して、Toe-Bi吸汗速乾の機能の素材を使っているので、蒸れ感は気にならない。

③ベルクロ(マジックテープ)or靴ひも

開発にたずさわった高岡尚司さんの一番の推しポイント

きねや無敵➡︎靴ひも

Toe-Bi➡︎ソール一体型のベルクロ型

ベルクロというのは、マジックテープ式

しかも、何がすごいかというと止めているマジックテープは、アウトソール(靴底)と一体型

IMG 0095

Toe-Biが無敵と大きく違うのは、ソール一体型のベルクロ型を採用している点。 

これによって、内側の土踏まず内側のソールとの間にできる隙間がなくなり 、まるでソックスのようなフィッティングを実現しました。 

マジックテープでギュッて閉めると、必然的に靴底のちょうど土踏まずあたりがギュッと引っ張られ、靴と足のフィット感がハンパない!!

走りながら、土踏まずの部分の感覚が伝わってくる感じ!!

 

はじめての感覚。

 

きねや無敵のフィット感も、もちろん他のシューズとは比べものにならないくらいすごい。

しかし、このToe-Biのフィット感はさらにすごい。ここがきねや無敵との大きな違い。

④かかと部分

▼アキレス腱があたるあたりが、Toe-Biすれないレザーになっている。確かに、このレザー部分は、さわると気持ちがよい感触。

IMG EE7AD94F51AF 1

 

⑤Toe-Bi(トゥービー)はアウトソールが薄い

アウトソールの厚さ(かかとの厚さ)が、

きねや無敵➡︎5mm

Toe-Bi  ➡︎3mm

Toe-Biは、足裏に三角のボチボチがついている(2mm)ので、それをたすと5mm。

 

つまり、Toe-Biはより地面を感じやすくなっている。

IMG 74FBD08016BD 1 

 

▼裏の比較

IMG 1678

 

⑥価格

きねや無敵(MUTEKI)➡︎5,400円

Toe-Bi(トゥービー)➡︎10,800円

値段が倍近く違う!

【Toe-Biと杵屋無敵MUTEKIの比較】履いた感想のまとめ

Toe-biは、基本的にきねや無敵バージョンアップさせたもの。

きねや無敵をより良く改良されたものが、Toe-Biなので、比較するとそれは軍配はToe-Biにあがる。

ぼくが履いた感覚としても、 きねや無敵でも十分足のフィット感はあるがToe-Biはそれ以上のフィット感。

履いてあるくだけでも、地面についていない土踏まずあたりが気持ちよく感じてしまう。

【Toe-Bi】を買う人は、こんな人におすすめ!
  • 本格的に裸足感覚の走り方を目指したい方
  • 耐久性を求める。特に先端部分の傷が気になる人にはToe-Bi
  • 靴ひもがめんどくさい。
  • デザインはスマート、かっこいい

 

【きねや無敵】を選択する人は、こんな人におすすめ!
  • 値段がToe-Biの半額
  • とりあえずランニング足袋を試してみたい。
  • デザインがオシャレ、かわいい

 

「Toe-Bi」「きねや無敵」のご購入は下記より

 

 

 

▼Toe-biの履いている動画

 

▼参考までにこちらはきねや無敵で歩いている動画

▼あわせて読みたい記事▼

 

▼ランニング足袋にオススメの5本指ソックス

Summary 
Review Date
Reviewed Item
ランニング足袋「Toe-Bi(トゥービー)」【きねや足袋】
Author Rating
51star1star1star1star1star
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です