「SHOE DOG(シュードッグ)」フィル・ナイト→【感想】映画を見ているような感覚になった。

人の生き様が学べる本。

この本は、ビジネスを通して、ナイキ創業者フィル・ナイトの生き方を知ることができる。

 

ビジネスとは、利益を追求したりお金だけではないということを教えてくれる。

本日の読書「SHOE DOG(シュードッグ)ー靴にすべてを。」フィル・ナイト

 

「SHOE DOG(シュードッグ)ー靴にすべてを。」フィル・ナイト(著)

著者:フィル・ナイトとは

スクリーンショット 2017 11 03 9 39 37

https://sites.google.com/site/philknightnikefounder/

世界最高のスポーツ用品メーカー、 NIKE(ナイキ)の創業者。

1938年生まれ。アメリカ、オレゴン州ポートランド出身。

1964年〜2004年ナイキのCEO、2016年まで会長を務める。

NIKE(ナイキ)の歴史

学生だったフィル・ナイトと、陸上コーチであったビル・バウワーマンが前身であるブルーリボンスポーツ社を設立。

大学卒業後、神戸で靴のメーカーであるオニツカタイガー(現アシックス)の品質と低価格を気に入り、アメリカでの販売権を取得。

つまり、ナイキってもともと、日本のアシックスの販売店だった。

 

その後、独自でトレーニングシューズを生産し、ナイキのブランド名で販売、世界有数のスポーツ用品メーカーとなった。

【SHOE DOG(シュードッグ)】本の感想

この本は、フィル・ナイトがNIKE(ナイキ)の創業から上場までの自伝的物語。

ナイキも創業時から、資金繰りに苦しみ、幾度も困難を乗り越える成功ストーリー。

 

この本は、ビル・ゲイツが2016年おすすめの5冊にも選ばれた本だ。

 

物語としても、まるで映画を見ているかのように、ドキドキしながら読み進められ、感動できる本で一気に読めてしまう。

 

シュードッグを読んで、ぼくが感じたこと

「SHOE DOG」の終盤で、フィル・ナイトがビジネスについて、熱く書かれているところは、文章をカメラでとって保存した。

ビジネスって「利益の追求」と考えることに違和感を覚えるぼくに、ビビッときた内容だ。

 

 

フィル・ナイトが作り上げた経歴は素晴らしいものだが、この本を読んで、フィル・ナイトの謙虚さにビックリする。

この本に傲慢さをひとつも感じることがなかった。

フィル・ナイトの自慢がひとつもない、むしろ仲間や他人を賞賛することばかりが書かれている。

 

ナイキの創業から上場までのエネルギッシュの内容から、本の終わりに順って、仲間との死別や、自身の死を意識した内容になっており、人の人生は有限であり、老いていくことのさみしさも感じた。

 

【書評まとめ】ぼくが一番シュードッグを読んでよかったなと思えたこと

これも終盤、フィル・ナイトがたくさんの仲間に感謝と賞賛をおくっている。

 

ぼくが人から教えていただいた言葉。

しあわせって、ありがたいって感じられること

 

フィル・ナイトでさえ、後悔したことを悔やんだり、人生の終わりについて考えたりする。

 

そんな中でも、フィル・ナイトの終盤の文章は、「人のご縁のありがたさ、運が良かったというありがたさ」、読んでいて「ありがたみ」をたくさん感じとることができた。

 

しあわせな人生だったんだと、ぼくは、「ぼくの中のしあわせの定義」の確認ができた。

 

 

人は、人である以上、良いこと悪いこと、後悔することもある。

それが人生。

 

人生を終えるときに、ありがたみをたくさん感じることができ、謙虚にいられるこころを持つことができたなら、ぼくはしあわせな人生だと思える。

 

今のぼくの目指すところだ。

 

ぼく
フィル・ナイトの人生に感動した!読んでいて胸があつくなった!
 

Summary 
Review Date
Reviewed Item
「SHOE DOG(シュードッグ)ナイキを創った男」フィル・ナイト 
Author Rating
41star1star1star1stargray

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です