自分を形にする。→「パーソナル・マーケティング」本田直之著

スポンサーリンク

本日の読書「パーソナル・マーケティング」

「パーソナル・マーケティング」本田直之著

本を選んだ理由

個人のブランディングを学びたかったから。

ぼくが気になったところ(抜粋)

    • パーソナルマーケティングのポイント
       ・自分の強みをはっきりさせること
       ・「それは誰の役に立つのか」を徹底的に考えること
       ・さまざまな要素を体系立てて組み立てること
    • ロジックができていれば、断片的な経験やノウハウは、誰でも、いつでも、同じようにできる「再現性」を持ちます。
    • プロフィールにストーリー性を持たせる。
      ・自分の強みを相手目線で再構築する。

  • 「誰の役に立つか?」 を徹底的に考える。
    ・ターゲットを絞り込む
  • 自分のこれまでの経験の中で「うまくいったこと」「成果が上がったこと」「人に教えられること」を100個書き出すというワーク
  • 「たまたま」の成功を「何回でもできる」スキルに変える。
    →「再現性のあるスキル」
  • 「自分が考えていることを体系立ててまとめる」→「つじつまが合っているかどうかを検証する」という練習を繰り返す
  • キャリアをミックスさせることによって、非常に強いパーソナルブランドができる。
  • セルフメディアをもつ。

ぼくが感じたこと

ビジネスブックマラソンの土井さんも言われていたことですが、プロフィールって大事。

この本を読んで、プロフィールを少しずつ変えている。まだまだ書きたいことを体系化できていないので、何度も書き直しながら、自分の中で体系化していき、形にしていきたい。

 

ぼくがこの本で、気になったフレーズが「再現性」

 

自分のビジネスもそうだけど、自分の今までの成功体験や失敗体験の「再現性」について、あまり意識をむけたことがなかった。成功に関しては、『よかったー』で終わっていて、なぜ成功したのかという分析をキッチリ行えていないことが多い。

失敗に関しては、イタいおもいほど、反省はおこなり分析も行ったりもするけど、どれだけイタい思いであっても、『忘れしまう』。

 

自分にかんして、自分の行動に対して、意識を向け、ことばにして体系化することの重要性を学んだ。その過程のなかで、きっとプロフィールもより洗練されたモノになっていくのではないかと思う。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です