第一弾《くつ》→2016年「ぼくにしかわからない役立ったモノたち」

2016年の振り返りをやろうと思っていて、年をこえてしまい、さらにもう2月。

でも、やっちゃいます。

 

巷では、よくお役たちランキングとかやっているけど、今回はぼくにとっては大きな感動だけど、ほかの人には伝わりにくいどうでもよいことだ。

 

その第一弾。

基本的にぼくにしかわからない役立ったモノたち

普段履きのシューズ

ぼくは飲食店ではたらいているので、基本コックシューズっぽいのを履いていた。

おそらくこの10年くらいの日数のうち、9割以上はコックシューズを履いた生活をしていた。
仕事場だけでなく、普段からずっと履いていました。

 

コックシューズの良いところは、防水すべりにくい

 

はじめてコックシューズを履いたときは感動でした。

 

下っ端なので、掃除や洗い場等が多かったので、コックシューズのおかげで仕事の効率がかなりアップしました。

ぼくは、こスリッパみたいなタイプを使っていました。

 

座敷とか多いと靴の脱ぎ履きが面倒なので、これならちょうどよかったです。
クロックスのキッチンバージョンもよかったのですが、普段の移動とか考えたときに見た目的カジュアルすぎるかなと。

 

いままで、このコックシューズが最高だと思っていましたが、機能的には最高でした。

 

 

それを去年ふつうランニングシューズにしました。

 

 

理由は、

足を痛めたからです。

 

 

普段からずっとコックシューズが当たり前だったのが、
ランニングシューズを履いたときのカカトのクッションに感動しました。

めっちゃ歩くのが楽になりました。

普通の靴ですが、すごくよかった。

 

 

この靴を履いてはじめて気づいた。

ぼくは歩くことを疎かにしていた。

 

 

歩くことを軽くみていた。

 

 

 

結局、

キチンとした靴を履かないから、姿勢がわるくなり、からだのバランスが崩れってつながっている。

 

ほぼコックシューズの生活から、普段はランニングシューズにかえて、歩くことがたのしくなった。

普段からキチンとした靴を履いている人にとっては、当たり前のことだけど、ぼくにとっては感動する変化。

 

 

普段、なにを履くかによって体調まで、気分までかわってしまうことを実感できた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です