優等生な生き方をやめる。

S 28344340

ぼくが社会に出たのが19歳のとき。

 

初めて入った会社で、

初めてぼくに「仕事」をおしえてくれたのが、

当時、会社で最も厳しいと呼ばれていた人。

 

 

理不尽なことも言われたし、厳しいこともたくさん言ってもらった。

ぼくは、未だにその方に最初に教えてもらったことが、こころにずっとある。

 

・初めて行くお店(会社)には、鍵が開けられる前よりも早く誰よりも先にいって、入口の前で待っておきなさい。

・あいさつをたいせつにしなさい。

・優等生になるな。

 

 

ぼくは、どれも今もたいせつにしている。

 

 

大切にしているけど、それはぼくの仕事観であると思っていた。

でも、それはその人に教わったことからスタートしていた。

 

 

社会人になって仕事を最初に何をおしえてもらうかが、その後のその人の仕事観に大きく影響するって、聞いたことがあるけど、振り返ると自分にもあてはまっていた。

S 28344336

優等生になるな。

これは、最初は全然意味がわからなかった。

 

歳を重ねれば重ねるほど、意味がわかってきた。

 

優等生=言われたことをキッチリやる。

もっというと、

優等生=言われたことはやるけど、その範囲はこえない。

 

 

その時のぼくの上司が伝えたかったことは、

そんなちっぽけな枠におさまるな 

って、ぼくに教えてくれたんだと思う。

 

言われたことをやるだけの仕事はつまらない。
相手が言ったことの2倍、3倍をやりなさいっていつも言われていた。

 

 

歳をとればとるほど、
世の中の『ふつう』の枠におさまりがちになってしまう。

 

 

無難な選択をしそうになったとき、
ぼくはいつもこの言葉を思い出す。

優等生になるな。

 

 

若い自分にはそのときにはわからなくても、
16年経った今もぼくの中でいき続けることばをくれた上司に感謝。

 

ぼくもそんなことばを伝えることができる大人でありたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です